企業の倒産理由

未分類

起業して会社を経営するに当たり、倒産理由を知っておく事は重要です。
中小企業庁の統計データから企業倒産理由のランキングです。

1位 売上減少、販売不振
当然の結果だと思いますが、どのような企業も売り上げが下がれば会社を経営していく事が厳しくなります。

2位 既往のしわよせ
こちらは、売り上げ減少、販売不振などによるしわよせです。悪化していく経営状況にも関わらず、改善されずに倒産してしまう状況です。

3位 連鎖倒産
会社、得意先相手に商売をしている場合に起こります。得意先が倒産することで自社も倒産してしまうというケースです。

4位 過小資本
中小企業によくありがちな過小資本、資金不足によりキャッシュがなくなり倒産するケースです。

5位 放漫経営
放漫経営とは、家族経営によるずさんな管理体制や、本業以外への出費等が原因で倒産に至るケースです。
社員の不正等が原因で倒産するというケースもあります。

6位 設備投資過大
過大な設備投資にいよる倒産です。企業はある程度のスパンで設備投資をしなければ、成長を継続することが出来ないですが、設備投資は成功しても失敗しても資金繰りを悪化させる危険性があります。

7位 信用性の低下
金融機関や取引先、顧客からの信用性の低下が招き、借り入れが出来なかったり、注文が来なくなったりして倒産するというケースです。

8位 売掛金回収難 債権回収を怠った
売掛金の回収が上手く出来ずにキャッシュフローに困り倒産するケースです。

9位 在庫状態の悪化
過剰在庫が原因での倒産です。在庫は決算書では資産ですが、損益計算書では利益が出ていても、在庫の存在によって実は損をしているというケースがあります。いわゆる黒字倒産と言われるものです。

これらが中小企業倒産理由のトップ9です。1位の売上減少、販売不振が70%の理由です。売り上げが上がれば、店舗拡大、業務拡大、人材確保などが出来ますが、売上が減少すると何もすることが出来ません。会社経営することの1番重要なことは売上を上げる事という事がわかります。

未分類
プロフィール
この記事を書いた人
宮浦弘次

現役経営者 兼 逆転経営コンサルタント、株式会社ミヤコー 代表取締役、株式会社KMサービス 代表取締役、株式会社Grace 相談役、一般社団法人ABM 代表理事、大阪府大阪市出身。

宮浦弘次をフォローする
宮浦弘次をフォローする
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ!無料相談受付中!
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ、現在、無料相談を受付中です。メールで、LINEで、相談ができますので、お気軽にご相談ください。
知らないと損する経営とお金の話

コメント