まとまったお金を貯めるには?

未分類

「家を買う」「車を買う」「子供の進学」「家の修理」というような、まとまったお金が必要な時には貯金がたまってからとなると、ほとんどの方が購入できません。
家を買うには住宅ローン、車を買うのもリースかローン、子供の学費は奨学金制度、家の修理もローンというようにほとんど方が現金一括で買えないのです。
ローン、リースも横文字では抵抗ありませんが、日本語でいうところの「借金」「負債」なのです。
大きな買い物をする時は、自分が「借金」をするのだという事をしっかり意識して、極力少ない金額、年数にする必要があります。

大きな買い物はまとまった現金が無くてもローン、リースで購入できますが、生活をしていくと大きな出費や、老後の為に毎月少なくても貯金をしていく必要があります。
例えば毎月3万貯蓄すると、10年後には360万、1000万貯めるには27.8年かかります。毎月5万ですと、10年後には600万、1000万貯めるには16.6年、毎月10万ですと、10年後には1200万、1000万貯めるには8.3年かかります。

定年後20年、夫婦で暮らすには年金が年間240万もらえたとしても月に30万必要と考えると年間120万20年で最低2400必要になるので、毎月早い段階から貯蓄していかないと将来年金生活になってからはまともな生活が出来ない可能性があります。

未分類
プロフィール
この記事を書いた人
宮浦弘次

現役経営者 兼 逆転経営コンサルタント、株式会社ミヤコー 代表取締役、株式会社KMサービス 代表取締役、株式会社Grace 相談役、一般社団法人ABM 代表理事、大阪府大阪市出身。

宮浦弘次をフォローする
宮浦弘次をフォローする
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ!無料相談受付中!
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ、現在、無料相談を受付中です。メールで、LINEで、相談ができますので、お気軽にご相談ください。
知らないと損する経営とお金の話