事業を始めるときの資金

未分類

会社を作ったり、事業を始めるときにはまとまったお金が必要です。個人のお金で足りない時は、開業資金という名目で金融機関や、日本政策金融公庫や商工中金のように中小企業への融資を専門的に行う金融機関もありますが、現在は中小企業が開業するための融資は非常に審査が厳しくなってきています。

初期投資がかかる事業や、回収に時間がかかる事業は特に融資が厳しいのが現状です。今後、経済状況がよくならない限り、中小企業の開業、独立に対する融資は益々厳しくなると予測されています。また、金融機関からお金を借りると翌月から返済義務が発生しますんで、よほど初月から売り上げを確保できる事業ではないと、経営がかなり厳しい状況になります。

他の方法としては会社を作ったときに、その事業に賛同して出資してくれる人を募り、出資額に見合った「株式」を発行する方法や、「クラウドファンディング」のように小口の一般投資家を募ったりする方法もあります。
後は自分でコツコツ貯金をして開業資金が貯まった時点で起業するという方法です。

どの方法にしても起業するとまとまったお金がある程度必要な事がこのことから分かります。会社を作ったり、起業すると毎月必ず、必要経費が掛かりますので、それ以上の売り上げを上げないと会社は即潰れてしまいます。
起業するという事は、しっかり準備し、リスクヘッジをしていかないといけません。

未分類
プロフィール
この記事を書いた人
宮浦弘次

現役経営者 兼 逆転経営コンサルタント、株式会社ミヤコー 代表取締役、株式会社KMサービス 代表取締役、株式会社Grace 相談役、一般社団法人ABM 代表理事、大阪府大阪市出身。

宮浦弘次をフォローする
宮浦弘次をフォローする
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ!無料相談受付中!
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ、現在、無料相談を受付中です。メールで、LINEで、相談ができますので、お気軽にご相談ください。
知らないと損する経営とお金の話