72の法則

未分類

自分の持っているお金を2倍にするには、どれくらいの金利でどれくらいの期間、金融機関に預ければいいのかという答えを計算する方法があります。

72 ÷ 金利 = 元金を2倍にする期間(年)

金利が5%だとすると

72 ÷ 5(%) = 15(年)

ということになり、毎年5%の利息で元金を2倍にするには15年かかります。
また、5年で2倍にしようと思う場合には、

72 ÷ 5(年) = 14.4(%)

となり、14.4%もの高い金利で運用しなければならないことが分かります。

これを借金に置き換えてみると、14.4%の利息でお金を借りると、5年で元金と金利が合わせて2倍になるという事になるのです。

現在、消費者金融の金利は社会問題になったときのような、25%の金利ではなくなりましたが、現在の10%台の%代の金利でも
月々の返済が少ないと元金も減りませんし、返済が出来なくなると金利だけでドンドン借金が膨らんでします。

消費者金融が「返済は計画的に」と言っていますがお金を借りるときは返済計画をしっかり立てる必要がありますし、一番いいのは
お金を借りない事です。

未分類
プロフィール
この記事を書いた人
宮浦弘次

現役経営者 兼 逆転経営コンサルタント、株式会社ミヤコー 代表取締役、株式会社KMサービス 代表取締役、株式会社Grace 相談役、一般社団法人ABM 代表理事、大阪府大阪市出身。

宮浦弘次をフォローする
宮浦弘次をフォローする
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ!無料相談受付中!
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ、現在、無料相談を受付中です。メールで、LINEで、相談ができますので、お気軽にご相談ください。
知らないと損する経営とお金の話