ドル・コスト平均法

未分類

投資をしているとドル・コスト平均法という言葉が出てきます。                これは投資手法の一つで、定額購入法とも言います。金融商品を購入する場合に、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的、長期的に継続して投資する手法です。            また、金融マンがお客様に対して良く使う営業手法です。「積立投資をするとドルコスト平均法でリスクが少なく、利益が出やすい」 と言われますが、正しい部分もありますが、当然ですが万能ではなくリスクもあります。

メリットは毎月定額を自動的を買うので、相場の変動に一喜一憂しなくてもよく、少額でも投資が出来ます。また、毎月定額なので大きなリスクがありません。                  しかし、デメリットもあります。毎月定額なので大きな利益が出にくいので、大負けもしないが大勝もしないし、下降トレンドが大きく長く続くと元の戻すのも時間もかかります。         また、長期保有が前提ですので、途中で解約する時期によっては損をしてしまいます。更に毎月売買するので増えようが減ろうが、毎回手数料がかかってしまいます。

投資商品を購入する際には営業マンはメリットしかほとんど話はしません。特に投資経験が浅い人はこのドルコスト法のメリットだけ聞かされて購入するケースが多くみられます。投資には万能な商品はありません。しっかりメリットデメリットを理解する必要があります。

 

未分類
プロフィール
この記事を書いた人
宮浦弘次

現役経営者 兼 逆転経営コンサルタント、株式会社ミヤコー 代表取締役、株式会社KMサービス 代表取締役、株式会社Grace 相談役、一般社団法人ABM 代表理事、大阪府大阪市出身。

宮浦弘次をフォローする
宮浦弘次をフォローする
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ!無料相談受付中!
集客、売上、資金繰りにお困りの方へ、現在、無料相談を受付中です。メールで、LINEで、相談ができますので、お気軽にご相談ください。
知らないと損する経営とお金の話

コメント